ファッション情報

NBA選手も御用達のファッションブランド”John Elliott”

ゴールデンステイト・ウォーリアーズとクリーブランド・キャバリアーズのロゴ
LUVITCHAN
LUVITCHAN
NBAファイナルが昨日終了し、ゴールデンステイトウォーリヤーズが4連勝を飾りました。

ゴールデンステイトウォーリヤーズが2連覇を達成。

第一戦 124-114、第二戦 122-103、第三戦 102-110 第四戦 85-108でスイープで

ゴールデンステイトウォーリヤーズが、キャバリアーズを圧倒しました。

NBAファイナルを、注目された方も多いのではないでしょうか?

今回は、NBA選手にも愛用者が多い、ファッションブランドをご紹介いします‼

NBAファイナルでも活躍したレブロン・ジェームズ

レブロン・ジェームズPhoto by NBAE/Getty Images

上の写真は、NBAファイナルでも活躍したレブロン・ジェームズ。

着用しているパンツは、”John Elliott”(ジョン・エリオット)というブランド。

ファッションブランド:John Eliott(ジョン・エリオット)(Photo by  John Elliott)

NBA選手も御用達のファッションブランド”John Eliott(ジョン・エリオット)”

2012年にスタートしてから瞬く間に世界中で人気を博し、一躍人気ブランドに躍り出し、知る人ぞ知るブランド。

スウェット素材を中心に、デニムやメッシュ素材を使用したスポーティな洋服を展開しています。

機能性が考慮された、デティールにこだわりがある、シンプルでロゴやプリントのないシンプルなデザインも〈ジョン エリオット〉の特徴。

8歳の頃に、初めてNIKE(ナイキ)にデザインを提出し、NIKEからの返答がデザイナーとしての道のきっかけ。

 

John Eliott(ジョン・エリオット)のルック1John Eliott(ジョン・エリオット)のルック2  John Eliott(ジョン・エリオット)のルック3  John Eliott(ジョン・エリオット)のルック4(Photo by  John Elliott)

John Elliott(ジョン・エリオット)のデザイン的特徴

クリーンなシルエットや仕立ての良いフィットなど、シンプルだからこそ大事になるポイントを押さえているのはさすが。

“服そのものが主張すべき”という考えからロゴはあえて使用せず、マイクロモダールやフレンチテリー、スイスのriri社のジッパーなど最高級の素材を用いて、細かなディテールに非常にこだわりがあります。

クオリティに妥協せずに、生産は、メイド・イン・ロサンゼルスをこだわっています。

2014年にGQ主催の「ベスト・ニュー・メンズウェアデザイナー・イン・アメリカ」を受賞。

レブロン・ジェイムスを筆頭に、NBA選手にも多数顧客を持っています。

スポーツウェアやストリートファッションに興味がある方は、ぜひ注目ください‼